三重県出身の料理研究家の卵 |管理栄養士Ayaの料理日記
SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
Aya愛用♪調理器具☆
↓お米炊く時



↓お鍋〜その1〜


↓お鍋〜その2〜


↓フードプロセッサー


↓圧力なべ
↓オーブンレンジ
ゲート
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
興味のある食事法
■マクロビオティック
マクロビオティック (Macrobiotic) とは、長寿法を意味する。第二世界大戦前後に桜沢如一が、自ら考案した食生活法や食事療法の名称として広めたことから、現在ではこの意味で用いられることがほとんどである。食生活法は欧米でも普及している。食生活法は、「玄米菜食」「穀物菜食」「自然食」「食養」「正食」「マクロビ」「マクロ」「マクロビオティックス」「マクロバイオティック」「マクロバイオティックス」とも呼ばれる。また、マクロビオティックを実践している人のことを、マクロビアンと呼ぶこともある。

・食事法の特徴
玄米を主食、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える。


■オーガニック
オーガニック(Organic)とは、化学肥料や農薬に頼らずに堆肥や生物などを利用して栽培するという、健康で安全な農作物の栽培方法。

・食事法の特徴
化学肥料や農薬に頼らずに堆肥や生物などを利用して栽培された食物素材を用いる。
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< カフェでランチ@三重 | main | 三重の畑でとれたもの☆ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
 あともう一品足りないときに

じゃがいものシャキシャキソテーはいかがですか

じゃが芋ソテー

☆2人分☆

材料
 
 じゃがいも          1個
 人参            1/4本
 ベーコン           3枚(20gくらい)
 塩              少々
 ブラックペッパー     少々


作り方

 1.じゃがいもは皮をむき、太めのせん切りにし、水にさらす。
   水の濁りがなくなるまで何度か水をかえ、でんぷん質を洗い流す。

 2.人参は皮をむき、4cm長さの千切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。

 3.フライパンを熱し、ベーコンを炒める。表面が焼けてきたら、人参・じゃがいもを
   加え炒める。

 4.じゃがいも・人参に火が通ったら、塩・こしょうで味をととのえる。
   (塩はベーコンの塩気をみてから入れてください)


☆memo☆

じゃがいもはでんぷん質を洗い流すことでシャキシャキの食感を楽しめます
| 野菜・いも料理 | 09:03 | comments(0) | - | pookmark |
| - | 09:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする